「言葉は、人の心をあたためるためにある」/ 企業ブランディング"FACE"

これは、大正から昭和期に活躍した日本の元祖マルチタレント徳川夢声の言葉です。

夢声は当時、俳優・活動弁士として大変な人気者だったそうで、 その人気の秘密が、このひと言からもわかるような気がします。

「言葉は、人の心をあたためるためにある」

このことだけ念頭において過ごしていれば、 発する言葉が自然とやわらかくなり、 どんな人との関わりも、そう難しいことにはならない気がします。

そして、 「どうしたら、あの人にあたたかいものを届けられるだろう?」 なんて考えながら過ごす日々は、まるで毎日が宝さがしのようです。 「FACE」の言葉を紡ぐ時も、私はインタビューをしながら、

いつもとびきりの宝探しゲームをさせてもらっている感覚でいます。


記事:コピー・ライティング / 稲垣麻由美

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com

"Words are to warm people's hearts" / Corporate branding "FACE"

This is the word of Yumeko Tokugawa, the original Japanese multi-tarento who was active from the Taisho era to the Showa era.

It seems that Yumeko was a very popular actor and benshi at that time, and I feel that the secret of its popularity can be understood from this word.

"Words are there to warm people's hearts."

If you spend this time in mind, the words you say will naturally soften, and I feel that it will not be so difficult to interact with any person.

And every day I spend while thinking, "How can I deliver something warm to that person?" Is like a treasure hunt.

When I spun the word "FACE", I was interviewing while

I feel like I'm always playing a superb treasure hunt game.


Article: Copywriting / Mayumi Inagaki

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com



FACE、企業ブランディング、企業、ブランディング、人材、音楽、言葉、写真、Branding、Corporate、Music、Words、Photo
Portfolio Cinema FACE