あえてストーリーを作らない動画を作りたい。/ 企業ブランディング ポートフォリオ・シネマ "FACE"

世に生まれている多くの動画は、どんな展開、どんなストーリーにしよう、とまず考えてから撮影をしています。

でも、我々がつくるFACEにはその発想がありません。もちろん、「テーマ」はあります。

こちら側が意図して、被写体となる方に「こんな動きをしてください」「こんな風に話をしてください」「ここで笑ってください」というような演出はしません。写真の連続性というFACEの特質状、それは当然のこととも言えるのですが、我々は常に現場感、空気感にこだわり、丸本はまっすぐその人にファインダーを向けます。

大切にしたいのは、「ありのまま」が伝わることであり、観た人が想像することができる「余白」です。

私もこちらの意図に沿って、言葉を引き出すようなことはしないよう強く心がけています。

そして、その想像の余白をそっと広げているのが山谷が生み出す音楽だと私は思っています。

ストーリーはこちら側が紡ぐのではなく、観る人が画面の向こう側にいる人と対峙するなかで、結果として、その人の中になんらかのストーリーが生まれていることを望んでいます。

ちょっとわかりにくいでしょうか。

作品をいくつかご覧いただく中で、そんなことを感じてもらえると嬉しいのですが。

記事: コピー・ライティング / 稲垣 麻由美

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com

「I want to make a video that doesn't make a story.」


Many of the videos that are born in the world are shot after first thinking about what kind of development and what kind of story to make.

However, the FACE we make does not have that idea. Of course, there is a "theme".

This side does not intentionally direct the subject to "please move like this", "talk like this", or "laugh here". The characteristic of FACE, which is the continuity of photographs, is natural, but we always stick to the feeling of the scene and the atmosphere, and Marumoto points the viewfinder straight to that person.

What I want to cherish is the "as is" that is conveyed, and the "margin" that the viewer can imagine.

I also strongly try not to draw out words according to this intention.

And I think that it is the music produced by Sanya that gently expands the margin of that imagination.

The story is not spun by this side, but as the viewer confronts the person on the other side of the screen, I hope that as a result, some kind of story is born in that person.

Is it a little confusing?

It would be great if you could feel such a thing while looking at some of the works.



Article: Copy・writing / Mayumi Inagaki

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com




ブランディング、企業、コラボレーション、写真家、作曲家、著作家
Portfolio Cinema FACE