スポットを当てたい人

月に1度、東京永田町にある日枝神社にお詣りをするようになって10年が過ぎました。

そのとき、いつも山王橋側からエスカレーターのお世話になり、社殿に向かうのですが、いつ行っても、そのエスカレーターがピカピカなことに密かに感動していました。屋根のエスカレーター(しかも、とっても長い)を常に綺麗に保つことは、大変な労力を伴うことに違いないからです。

先日、初めてお掃除をしておられる方にお目にかかりました。エスカレーターをまさにお一人で磨かれていたのです。30代くらいのスラリとした背の高い男性で、陽の光で磨き具合をチェックしては磨き、またチェックする、を繰り返されていました。

思わず近くに寄って行って、

「お詣りする度、お世話になっています。このエスカレーターが綺麗なことで、清々しい気持ちになれます。ありがとうございます」と伝えました。

すると、その方は

「僕がここを担当して3年になります。そんなふうに思って下さった方がいらしたなんて、嬉しいなぁ。励みになります」と、顔をくしゃくしゃにして、素敵な笑顔を見せてくださいました。さらに、

「いつもこの状態にされるのは大変ではありませんか?」と尋ねると

「はい。ここは鳥さんがいろいろ落として行くので、それがなかなか大変です」

とも話してくださいました。暑い7月の午後のことです。

いつも思います。こういう方のFACEを作らせていただきたいな、と。

スポットを当てたいのは、The職人として、日々の暮らしの大事なところを支えてくださっている方々です。

あの素敵な彼に、祝福がありますように。

記事: コピー・ライティング / 稲垣 麻由美

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com

【People who want to spotlight】


Ten years have passed since I started paying a monthly visit to Hie Shrine in Nagatacho, Tokyo.

At that time, I always take the escalator from the Sanno-bashi Bridge side to the shrine building, and I was secretly impressed by how shiny the escalator was whenever I went there. I was secretly impressed by how shiny and clean the escalator was. This is because it must take a lot of effort to keep the escalator on the roof (and it is very long) clean at all times.


The other day, I met the first person who was cleaning it. He was a tall, slender man in his thirties, checking the polish in the sunlight, polishing, checking again, and repeating the process.


I couldn't help but walk up to him and say

He said, "Every time I pay a visit to the temple, I am grateful for your help. The clean escalator makes me feel refreshed. Thank you very much.

Then, the person said

I told him, "It's been three years since I took charge of this place. I am so happy to hear that someone felt that way. It encourages me," he said, his face scrunched up in a smile. He added

Isn't it hard to keep it like this all the time?" When I asked, "Isn't it hard to keep them like this all the time?

He replied, "Yes, it is. Birds drop many things here, so it's not easy.

It was a hot July afternoon. It was a hot July afternoon.


I always think to myself, "I would like to make a FACE for this kind of person. I always think, "I would like to make FACE for people like this.

What I want to highlight are those who, as The Craftsman, support the important aspects of our daily lives.

May God bless that wonderful man.


Article : Copy・writing / Mayumi Inagaki

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com



FACE、ブランディング、個人、企業、写真、音楽、言葉、コラボレーション
Portfolio Cinema FACE