バッハのゴルトベルク変奏曲で、心地良い朝のひとときを

「朝を制する者は、一日を制す」という言葉の通り、朝を心地良く過ごせれば、きっと一日全体が素敵なものとなるでしょう。朝を快適に過ごすための方法は皆さんそれぞれお持ちだと思いますが、音楽の活用も一つの方法です。朝は、これから活動を始めようとする時間ですので、眠気を身体から放り出し、自らのお尻を叩くように、アップテンポで激しいリズムの音楽を聞いていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。しかし、夜寝る前に聞くようなしっとりと落ち着いた静かな音楽が、目覚めのひとときにも実はとても良く合います。自転車でいきなり高速を出すことができないのと同じで、一日を始めるのにも、「助走」が必要です。そのためには、眠りに就くのと同じような感覚から始め、次第にテンションを上げていくほうがスムーズですね。


朝の目覚めのBGMは、「助走」を自然な流れで促してくれるような音楽が良いでしょう。J.S.バッハ作曲の『ゴルトベルク変奏曲』をお勧めします。この曲はバッハの生徒であったゴルトベルクという少年が、不眠症で悩む伯爵のために演奏したという逸話からこのような題が付けられていて、「眠り・目覚め」ということにも関わりがあるピアノ曲です。ピアノの音色が、朝という時間にとても合いますし、これらの組曲にはゆったりしたテンポのものからアップテンポのものまで混在していますので、この曲集を朝のBGMとして通して聞くことによって、次第に身体にエンジンがかかってきます。しかもそれぞれの楽曲がたった一つのメロディーを扱って展開されるため、一貫した美しさを心の中に生み出すことができます。


はじまりとおしまいにアリアが付いていて、そのメロディーを使った変奏曲30曲で構成されています。つまり合計32曲がすべて同じメロディーでできていることになります。そのため、それぞれの楽曲によってテンポや構造がかなり異なりますが、ちぐはぐな印象を受けることがありません。そのことが朝の心をまっすぐに整えるのに役立っていると感じています。僕はこの曲を朝ごはんを食べながら聞いたり、散歩をしながら聞いたりして、「助走」をしています。


記事: 作曲家 / 山谷知明

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel

【Have a nice morning with Bach's Goldberg Variations】


As the saying goes, "Whoever controls the morning controls the day," if you can spend the morning comfortably, the whole day will surely be wonderful. I think everyone has their own way to spend the morning comfortably, but using music is one way to do it. In the morning, it's time to start activities, so I think many people are listening to music with an up-tempo and intense rhythm, like throwing drowsiness out of their bodies and hitting their hips. However, the moist, calm and quiet music that you hear before going to bed at night actually goes very well with the moment you wake up. Just as you can't suddenly get a high speed on a bicycle, you need a "run-up" to start the day. For that purpose, it is smoother to start with the same feeling as falling asleep and gradually increase the tension.


The BGM for waking up in the morning should be music that encourages "run-up" in a natural way. I recommend "Goldberg Variations" composed by J.S. Bach. This song is named after an anecdote that a boy named Goldberg, who was a student of Bach, played for the Count suffering from insomnia, and the piano is also related to "sleeping and awakening". It's a song. The tone of the piano suits the time of the morning very well, and these suites have a mixture of slow tempo and up tempo, so by listening to this collection as a morning BGM, The engine will gradually start on your body. Moreover, since each song is developed by dealing with only one melody, you can create a consistent beauty in your heart.


It has an aria at the beginning and the end, and consists of 30 variations using that melody. In other words, a total of 32 songs are all made up of the same melody. Therefore, the tempo and structure of each song will be quite different, but you will not get the impression that it is different. I feel that it helps to straighten my mind in the morning. I listen to this song while eating breakfast and listening to it while taking a walk, and I am doing a "run-up".


Article: Composer / Tomoaki Yamaya

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel



FACE、企業ブランディング、動画、コラボレーション、写真、音楽、言葉
Portfolio Cinema FACE