作用と反作用

何かを成し遂げようとしたり、前に進もうとする時には、

必ず何らかの「抵抗」に直面し、それを押しのける力が必要となります。


こちらが積極的に動こうとすればするほど、強い逆風を感じることになります。

「作用」には、それとは逆向きの力である「反作用」が必ず存在するからです。


生きていると、

「わたしはちゃんと前に進めているかな・・・」


と不安になることがありますね。


そんな時には、「反作用を感じるかどうか」を自分自身に問いかけます。


抵抗を感じているかどうか。

それを押しのける力を出しているかどうか。


そこにはある種の「苦痛」があり、その「苦痛」こそが、

「しっかりと前進している証拠」だと思っています。


自分が前に進めているかどうか不安になるような時、

今日一日を振り返ってみます。


「しっかりと苦痛や疲労を感じて、今日を生きたか?」と。


向かい風を感じながら生きたと思えるなら、

ちゃんと前進していることでしょう。


記事: 作曲家 / 山谷知明

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel

[Action and reaction]


Whenever we try to accomplish something or move forward

Whenever you try to accomplish something or move forward, you will face some kind of "resistance," and you will need the strength to push it away.


The more aggressively you try to move forward, the stronger the headwind you will feel.

For every "action," there is always a "reaction," a force in the opposite direction.


In life.


"Am I moving forward properly?


I wonder if I am moving forward properly.


At such times, I ask myself whether or not I feel the reaction.


Whether or not I feel resistance.

Whether or not I am exerting strength to push it away.


There is a kind of "pain," and that "pain" is

I believe that the pain is the proof that we are making solid progress.


Whenever I feel uncertain whether I am moving forward or not, I look back on my day.

I look back on my day.


"Did I live this day well, feeling the pain and fatigue?" And.


If you feel like you've lived with the headwind

you are making good progress.


Article: Composer / Tomoaki Yamaya

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel



企業、人、思い、メッセージ、つながり、信頼、コラボレーション、写真、言葉、音楽、フォトグラファー、著作家、作曲家、表現、FACE
人の顔が企業の顔になる "ポートフォリオ・シネマ FACE"