向き合い、自分の存在を知ることにより、人は本当の自分の人生を生きることができる。

『向き合い、自分の存在を知ることにより、人は本当の自分の人生を生きることができる。

「存在認知」をコンセプトに、写真と心理学の専門的知識と技術を用いて撮影する僕のポートレートは、そのきっかけとお手伝いをするものである。

また、アートは本当の自分の人生を生きるためのひとつの選択であり、それはありとあらゆる意識レベルの高い分野において実現する。』MAL 久しぶりに興味を持てる哲学書があったので読んでみましたが… 早々にやめてしまいました。

20代前半に本当にやりたい仕事を探していた当時はまだ自分が何者かもわからなかったので、哲学書などもなんとなく読むことはできましたが、あれから30年以上の経験を経て自分が何者かを知った今の状況には必要ないと感じました。

個人的に、読書や机の上の勉強は余り得意ではなく、それを踏まえ意識的に実人生での学びを優先し、日々の一つひとつの選択や捉え方、行動の積み重ねが今日までの成長に繋がったのだと考えています。


僕は多分、同じ世代の人達より生きているスピードが速いかもしれません。

自分は何者なのか、自分の存在を知ろうとするところから始まり、遊びと仕事の線引きが必要ない自分にとって最高の表現方法を仕事とし、小さな世界ではあったけれどある程度のカタチを作り、全てを捨て、生きながら死ぬという時期を抜け出し、ようやく自分の存在を知ることができました。

今では、それにより得たコンセプトである「存在認知」でポートレートを撮影しています。


自分の存在を知る自分が、今ここに在る要因として…

①自分の中にあるものを作品としてある程度視覚化できる写真という表現方法に出会うことができ、商業フォトグラファーの立場でポートレートというカテゴリーを選択したことで、社会や他者との繋がりを持ちながら、なんとか人生そのもののバランスをとることができていたこと。

②41歳になるころに心理学を学び臨床心理カウンセラーとしても実践を行ったこと。

③当時20年かけて0から築いたフォトグラファー という立ち位置や仕事、人、物などその殆どを捨てたこと。

④自分の中心にあった多くの全てを捨て去ることにより襲われた途方もない大きな喪失感。

仕事を捨て、人から離れ、社会から距離を置き、そして「表現」をやめたことで陥った生きた心地がしない「生きながら心が死ぬ」というあの感覚。

これまでぼんやりとイメージしていた「死」を明確に感じた時、そこに自分は無かった。

⑤そこから完全に抜け出すには多分、7年かかったと考えています。

その過程において、もう抜けた、もう抜けたと感じた時は何回かあったけれど、後から考えるとそこはまだ渦中だったかと。

これまでの体験には言葉や文章で表現できない部分も多くありますが、この様な経験があったからこそ、今の自分がここにいる。

「存在認知」をコンセプトにポートレートを提供できる自分の存在があるのだと強く感じています。


そして、その実体験における「言葉や文章で表現できない部分」を哲学者の先生方は、言葉で表現しているのかもしれないと、僕は考えています。


またいつかこの先の人生のどこかで迷い深く考えこむことが出てきたなら、再び哲学書など手に取ることがあるかもしれませんが、もしかしたらこれまでの自身の実体験からヒントを探り出し対応するかもしれません。

兎に角、40歳以降のこの十数年は猛烈に学びの多い人生だった。

しばらくは心理学のスキルを持つフォトグラファーとして自分自身が考える、ポートレートにおける「存在認知」を伝えていくことに専念します。


記事:Photographer MAL

https://www.emotional-partners.com/

https://www.photospark.info/



"By facing each other and knowing their existence, one can live the true life of oneself."


『By facing and knowing our existence, we can live our true life.

With the concept of "existence recognition", my portrait, which is taken using the expertise and skills of photography and psychology, is a catalyst and a help.

Also, art is one of the choices for living one's true life, which is realized in every field of high consciousness. 』Photographer MAL


There was a philosophy book that I was interested in for the first time in a long time, so I read it ... but I stopped early.

When I was looking for a job I really wanted to do in my early twenties, I didn't know who I was, so I was able to read philosophical books, but after more than 30 years of experience, I knew who I was. I felt that it was not necessary for the current situation I knew.

Personally, I am not very good at reading and studying on the desk, and based on that, I consciously prioritize learning in real life, and the accumulation of daily choices, perceptions, and actions will lead to growth to this day. I think it was connected.


I'm probably living faster than people of my generation.

Starting from trying to find out who I am, I work on the best way of expressing myself, which does not require a line between play and work, and although it is a small world, I make a certain shape and throw away everything. After getting out of the time of living and dying, I finally knew my existence.

Now, I am shooting portraits with the concept of "existence recognition" that I got from it.


Knowing your existence As a factor that you are here now ...

(1) I was able to come across an expression method called photography that allows me to visualize what is inside me as a work to some extent, and by selecting the category of portrait from the standpoint of a commercial photographer, while having a connection with society and others, I managed to balance my life.

(2) I learned psychology when I was 41 years old and practiced it as a clinical psychology counselor.

③ At that time, I abandoned most of the position, work, people, things, etc. of a photographer who built from scratch over 20 years.

④ A tremendous sense of loss that was attacked by throwing away everything that was in the center of me.

The feeling of "living and dying" that makes me feel uncomfortable because I abandoned my work, moved away from people, moved away from society, and stopped expressing.

When I clearly felt the "death" that I had vaguely imagined, I wasn't there.

⑤ I think it took probably seven years to get out of there completely.

In the process, there were times when I felt like I was out, but when I thought about it later, I wondered if it was still in the midst of it.


There are many parts of my experience that I cannot express in words and sentences, but it is because of this experience that I am here now.

I strongly feel that I have the ability to provide portraits based on the concept of "existence recognition."


And I think that the philosopher teachers may be expressing "the part that cannot be expressed by words or sentences" in the actual experience.


Also, if one day I get lost and think deeply somewhere in my future life, I may pick up a philosophy book again, but maybe I will find hints from my own actual experience and respond. May do.


Rabbit, the last ten years after the age of 40 has been a fiercely learning life.

For the time being, I will concentrate on communicating the "recognition of existence" in portraits, which I think of as a photographer with psychological skills.


Article: Photographer MAL

https://www.emotional-partners.com/

https://www.photospark.info/



未来のために、MAL、pour l'avenir est dans l'esprit、フォトグラファー、存在認知、コンセプト、新宮、大浜
Pour l'avenir est dans l'esprit ©︎MAL