意図は見えなければ、見えないほどいい

世の中には「かっこいい動画」が溢れている。

あかちゃんや動物が登場する「かわいらしい動画」もたくさんある。

おいしい料理がずらりと並び、思わずゴックンと喉がなる動画も日々大量にアップされている。

だけど、それらを眺めていると、

「ほら、ここは盛り上げるところ。ここで感動させて、静かに終わる。いい感じ」

「ねっ、かわいいでしょ。これ、バズルと思う」

「おっ、いい光になってるじゃん」

などと、撮り手や編集人の聞こえない声が耳に届いてくるようなことが多々ある。

それは、私自身が制作サイドの人間だからであり、おへそが少々曲がっているからなのだけれど、なんだか「意図」が強く感じられるものを見ているといつも興醒めしてしまう。

我々がつくる「FACE」は、できるだけ、「画面に映る人」と「それを見る人」が直接会話をしているようなものになればいい、と考えている。

作り手が主人公にならないこと。我々の存在が感じられなければないほど、いい動画になっている、と思っている。すくなくとも私は。

でも、それこそ「そこを意図しているじゃないか」と言われてしまえば、元も子もないのだけれど。


記事: コピー・ライティング / 稲垣 麻由美

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com

【The less visible the intention, the better.】


The world is full of "cool videos.

There are also many "cute videos" featuring babies and animals.

There are also a lot of videos of delicious food lined up in a row, which make people gulp down their mouths unintentionally.


However, when you look at them, you may think, "Look!

Look, this is the part where the excitement builds up. This is the part where you make it exciting and end quietly. It's good.

"See, isn't it cute? I think it's a buzzle.

"Oh, the light is really nice.

The unheard voices of the photographer and editor often seem to reach our ears.


This is because I myself am from the production side and my navel is a little crooked, but I am always dismayed when I see something that has a strong sense of "intention.


We hope that the "face" we create will be as much as possible a direct conversation between "the person on the screen" and "the viewer".

The creator should not be the main character. The less our presence is felt, the better the video is. At least, that's what I think.


But if someone says, "That's exactly what you intended," there's no point.


Article : Copy writing / Mayumi Inagaki

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com