癒しのポートレート

「あなたの撮影はセラピーのようだ」

ポートレートを撮影した後に、ご依頼者から時折伝えられる言葉のひとつです。


ご想像にお任せしますが…

僕の被写体への接し方は明らかに他のフォトグラファーとは異なります。

撮影現場を周りから見ていても違いがわからない部分が殆どだと思いますが、撮られた方々は何かを感じたご様子で「こんな体験は初めてです」とおっしゃる方は多いです。


そもそもポートレートにはセラピー効果があると僕は考えています。

普段からポートレートが持つ可能性の一つとして「勇気」と「癒し」を与える力があるとお伝えしていますが、意識レベルの高い方や繊細で敏感な方、あるいは実人生において深く考える状況にある方などは特にそのセラピー効果に気づいているようです。


(故に、撮影のシチュエーションも含めポートレートをもっとグリーフケアに取り込むことができるとも、僕は考えています。)


それらの効果をより多くの人々に感じ、気づいていただこうと努めているスタイルが僕のポートレートの面白いところ。


そのために日常から行っていることが複数あるのですが、その中から何を行っているのかを一つだけお伝えすると、僕自身が「自己一致」を意識しながらポートレートを撮影しているということです。

自己一致は純粋性とも言われていて、もう少しわかりやすく説明すると、

「僕は自分自身に対しても被写体に対しても嘘のないシャッターを切っている。」

これは撮影だけではなく、人が自分の本当の人生を生きていく上でとても大切なことでもあります。


フォトグラファーである僕自身が自己一致しながら撮っていく「癒しのポートレート」…

それは被写体になられた方々の自己一致のきっかけやお手伝いになるものであって欲しいと、日々探求に努めています。


記事: フォトグラファー MAL / 丸本祐佐

【The healing and courage of portraits】


"Your shooting is like therapy"

This is one of the words that the client occasionally conveys after taking a portrait.


I'll leave it to your imagination ...

The way I interact with my subject is clearly different from other photographers.

I think that most of the parts you can't tell the difference even if you look at the shooting site from the surroundings, but many of the people who took the picture seemed to feel something and said, "This is my first experience."


I think portraits have a therapeutic effect in the first place.

I have told you that portraits have the power to give "courage" and "healing" as one of the possibilities, but those with a high level of consciousness, those who are delicate and sensitive, or those who think deeply in real life. Those who are in the area seem to be particularly aware of the therapeutic effect.


(Therefore, I also think that portraits can be incorporated into grief care, including shooting situations.)


The interesting part of my portrait is the style of trying to make more people feel and notice those effects.


For that reason, I have multiple things I do on a daily basis, but if I tell you only one thing I'm doing, I'm shooting portraits while being conscious of "self-match". That is.

To put it more simply

"I'm releasing a shutter that doesn't lie to myself or the subject."

This is not only about shooting, but also about how important it is for people to live their true lives.


"Healing portrait" that I, as a photographer, take while matching myself ...

I am working hard every day to find out that it can be a catalyst for self-match and help for those who have become subjects.


Article: Photographer MAL / Yusuke Marumoto



ひまわり、小さな太陽、MAL、フォトグラファー、花、スナップ写真
Petit Soleil ©︎MAL