私のコンセプト 私の人生/企業ブランディング「FACE」ブログ記事 by フォトグラファー MAL

日本人である私の場合、外に外に向かっていくフロンティアや冒険家の様なエネルギーの使い方や表現方法ではなく、自分の内に内に入り込み、小さな小さな内なる宇宙を見つけ、今持っている全てのエネルギーをそこに注ぎ込むような探究と表出・表現方法を好んで行っています。


そのひとつが私のポートレート撮影のコンセプトである「存在認知/ストローク」であり、その概要は下記のものになります。


人は、与えられた時間に限りがあることを意識することにより自分の存在を知り本当の自分の人生を生きることができる。そしてまた人の心はストローク(= 存在認知)がないと生きていけない。「存在認知」をコンセプトに、写真と心理学の専門的知識と技術を用いて撮影する私のポートレートは、そのきっかけとお手伝いをするものである。


この「人」を被写体としたポートレートにおける「存在認知/ストローク」のコンセプトの場合には、被写体となった方々にご自分の「存在」について「気づき」を感じていただくための描写と表現に努めており、私自身から被写体に対して撮影の前の段階からプラスのストロークを投げかけることから始まり、意識されたそのストローク(存在認知)は撮影過程から写真を被写体ご自身が眺めるところまで続いていきます。

さらに被写体ご自身がそのポートレートをリビングや部屋に飾ったり、スマートフォンやiPhoneに入れて持ち歩くことにより、そのポートレートは日常的に被写体ご自身にプラスのストロークを与えることが可能となります。


人物を対象としたポートレート撮影におけるコンセプトでは心理学のスキルを用いて被写体を優先する撮影スタイルをとりましたが、「存在認知/ストローク」から少し哲学よりにすることで、私自身を投影させた作品作成のためのコンセプトに派生させることができました。

それが今取り組んでいる「 Being and Time in Flowers」になります。


それについても少し書いてみます。


第二のコンセプト

「 Being and Time in Flowers」

花は自分の存在を知っている。

存在を知るには時間の認識が必要であり、自分に与えられた時間には限りがあるということを意識する必要がある。

それ故に花は自分の役目や生き方を知っており、持っているエネルギーの全てをその限られた時間に注ぎ込む。

本来なら私はそれを、これまで30年以上かけて描写してきた「人」、ポートレートを通して表現したかったのだけれども、私も被写体となる人と同じくらいの時間を持つ人であり、与えられた時間には限りがあるため、その存在の始まりから終わり迄を追うことは不可能であると考え、被写体を人から花へと変えたのである。

しかしながら私のポートレート撮影でのコンセプトである「存在認知/ストローク」や「純粋性/自己一致」の本質は変わることなく、それそのものを「花」に置き換えたのが「Being and Time in Flowers」である。


ここ数年私の撮影スタイルは、被写体となる人との心的距離を意識的に保ち、撮りて側である私の情緒や感性を写真に注ぐことはせず、被写体の存在そのものを素直に描写することに努め、被写体が自己と向き合い気づきを導き出すためのポートレートを表現していましたが、今回の創作活動においては被写体となる花の存在そのものをシンプルに描写しながらも、55年生きてきた今ここの自分の存在そのものと純粋性をそこに投影することに務めてみようと考えています。


しかしこの世の中には「花」の写真は溢れかえっており、まだ見たこともないような花の写真をこのコンセプトに添いながら撮れるかどうかはわかりません。


しばらくは試行錯誤が続きそうですが、それもまた私自身の「時間」の中で自分の「存在」を知り、自分の人生を生きている幸せな状況であることは確かだと感じています。


記事: フォトグラファー MAL / 丸本祐佐

フォトグラファーMAL | 存在認知 | ポートレート |

foto studio spark | MAL | ポートレート撮影

【My Concept My Life / corporate branding "FACE" blog post by photographer MAL】


For me as a Japanese, instead of using and expressing energy like a frontier or an adventurer who goes out, I go inside myself, find a small little inner universe, and have it now. I like exploration, expression and expression methods that inject all the energy I have into it.


One of them is "existence recognition / stroke" which is my concept of portrait photography, and the outline is as follows.


A person can know his existence and live his true life by being aware that the time given is limited. And again, the human mind cannot live without a stroke (= recognition of existence). With the concept of "existence recognition", my portrait, which is taken using photography and psychology expertise and techniques, is a catalyst and a help.


In the case of the concept of "existence recognition / stroke" in portraits with "people" as the subject, the depiction and expression are to make the subjects feel "awareness" of their "existence". I am making efforts, starting from throwing a positive stroke on the subject from the stage before shooting, and the conscious stroke (existence recognition) continues from the shooting process to the point where the subject himself looks at the photo. To go.

Furthermore, if the subject himself decorates the portrait in the living room or room, or puts it in a smartphone or iPhone and carries it around, the portrait can give the subject himself a positive stroke on a daily basis.


In the concept of portrait photography for people, I used psychological skills to prioritize the subject, but by making it a little more philosophical than "existence recognition / stroke", I made myself project. I was able to derive it from the concept for creating works.

That is the "Being and Time in Flowers" that we are currently working on.


I will write a little about that as well.


Second concept

"Being and Time in Flowers"

Flowers know their existence.

You need to be aware of time to know your existence, and you need to be aware that the time given to you is limited.

Therefore, Hana knows her role and way of life and devotes all of her energy to that limited time.

Originally I wanted to express it through portraits, "people" that I have been portraying for over 30 years, but I am also a person who has as much time as the person who is the subject, and I give it. Because of the limited time available, he thought it impossible to follow from the beginning to the end of his existence, so he changed the subject from a person to a flower.

However, the essence of "existence recognition / stroke" and "purity / self-match", which are the concepts in my portrait photography, has not changed, and "Being and Time in Flowers" has replaced itself with "flowers". Is.


For the past few years, my shooting style has been to consciously keep the mental distance from the person who is the subject, not to put my emotions and sensibilities on the side of the photograph into the photograph, but to obediently the existence of the subject itself. I tried to depict it and expressed a portrait for the subject to face himself and derive awareness, but in this creative activity, while simply portraying the existence of the flower that is the subject, he has lived for 55 years. Now that I've been here, I'm thinking of trying to project my very existence and purity there.


However, there are so many pictures of "flowers" in the world, and I don't know if I can take pictures of flowers that I have never seen before while following this concept.


It seems that trial and error will continue for a while, but I also feel that it is a happy situation where I know my "existence" in my own "time" and live my life. ..


Article: Photographer MAL / Yusuke Marumoto

http://photographer-mal.com

http://photospark.info


FACE、ブログ記事、MAL、Photographer、for blog、
Being and Time in Flowers / Test Case #1 ©︎MAL