top of page

自分の知っている世界を表現する

2012年に100歳で亡くなった映画監督 新藤兼人さんの「シナリオの構成」という本の中に、


「自分が知っている人のことしか描けない」


という言葉があります。


新藤監督は映画の中で、たくさんの登場人物を生き生きと描くのですが、

その際に、自分の知っている人を手がかりとして表現していくしかないと書いています。


たとえば、映画の主人公である女性を描く場合、その女性がどんな職業でどんな生き方をしてきた女性であっても、

それを空想で描くのではなく、自分の知っている幾人かの女性(お母さんや奥さんなど)を

重ね合わせながら描くしかないのだそうです。


たとえ自分では完全に空想だと思っていたとしても、

実際には自分の知っている人、自分の知っている世界のことしか描けないのだそうです。


新藤監督が映画で描くのは、自分の知っている女性のことであり、

どんな表現者も、そこから逃れることはできないのだそうです。


ですから、表現者はまず、世界を知る、人を知るということがもっとも大事だと書いています。


僕は幸運なことに以前、新藤監督にお会いする機会がありました。

その時にも監督はたくさんの人に囲まれ、楽しそうに話をしていました。

それは、映画監督としての生き方を体現しているような光景でした。


人間は、自分の中に無いものを表現することはできないので、

表現者はまず、世界を知り、人を知り、見て、聞いて、味わって、自ら感じることで、

自分自身の中に「表現するための手がかり」を蓄積していく必要があるのでしょう。


記事: 作曲家 / 山谷知明



【Expressing the world you know】


In the book "The Structure of Screenplays" by film director Kaneto Shindo, who passed away at the age of 100 in 2012, there's a phrase that says, "You can only depict what you know about people."


In his films, Shindo portrays numerous characters vividly, but he emphasizes that he can only express them based on the people he knows. When depicting the female protagonist, for example, regardless of her profession or way of life, he must draw upon the women he knows, like his mother or wife, to create the character.


Even if one believes it to be entirely fictional, in reality, they can only portray what they know about people and the world they are familiar with. Shindo's films portray women he knows because no artist can escape that limitation.


Therefore, according to him, it is essential for artists to first understand the world and know people. He writes about the significance of seeing, hearing, tasting, and feeling the world around them to accumulate the "clues for expression" within themselves.


I was fortunate enough to meet Director Shindo in the past. At that time, he was surrounded by many people and seemed to be enjoying the conversation. It was a sight that embodied his way of life as a film director.


As humans, we cannot express what we don't have within ourselves. Therefore, for artists, understanding the world and people, observing, listening, savoring, and experiencing things firsthand are necessary to accumulate the "clues for expression" within their own selves.


Article: Composer / Tomoaki Yamaya




ブランディング、
Portfolio Cinema FACE

bottom of page