芸術の共有について

僕は、古本屋で買った古本に赤鉛筆で引かれた線を発見したり、ページの端が折ってあったりするのを見つけると、とても嬉しくなります。それは、その本の前の持ち主が、自らの心の動きによって付けた「しるし」であり、それを発見することで、その作品をその人と共有しているような不思議な安らぎを味わうことができるからです。


芸術は一人で独占して楽しむよりも、誰かと一緒に味わったほうが楽しいものです。たとえば大好きな人が亡くなってしまったとして、その人の本棚から本を一冊取り出して開いた時、赤鉛筆で文章に線が引いてあったら、


「ああ、あの人はこの文章が好きだったんだな。」


という気持ちになるでしょう。あったかい気持ちに包まれて涙が溢れるかもしれません。


これは、「映画館で映画を観る」ということにも言えることです。いくら豪華なホームシアターを設置しても、一人ぼっちで観たのでは、本当の満足感は得られないのではないでしょうか。映画館並みの設備を自宅に設置できる世の中になったのに、映画館で映画を観るほうが好きだという人が減らないのは、どんなに豪華なホームシアターよりも、「芸術の共有感」のほうが価値が高いということを誰もが知っているからだと思います。映画館で、同じシーンを観て、たくさんの他人が同時に泣き笑いできるのは、まさに奇跡のような瞬間ですね。


「他人と感情を共有できる」


これこそが僕たちが「寂しく生きない」ための方法であり、もっとも純粋で贅沢な芸術の味わい方だと思っています。


記事: 作曲家 / 山谷知明

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel

【On Sharing the Arts】


I am very happy when I find a red pencil line or a folded page edge in a used book I bought at a used bookstore. This is because it is a "mark" that the previous owner of the book has put there by his or her own emotional movement, and discovering such a mark gives me a strange sense of comfort, as if I am sharing the work of art with that person.


Art is more enjoyable when you savor it with someone else than when you enjoy it exclusively by yourself. For example, if someone you love has passed away, and you take a book off of his or her bookshelf and open it, and you see a line in the text with a red pencil, you will be able to enjoy it with him or her.


I would think, "Oh, she must have loved that sentence."


You will feel that "Oh, he liked this sentence. You may be filled with warmth and tears.


The same can be said for watching a movie in a movie theater. No matter how luxurious the home theater is, if you watch a movie alone, you will never feel truly satisfied. The reason why the number of people who prefer to watch movies in theaters does not decrease, even though we live in a world where we can install cinema-like equipment in our homes, is because everyone knows that the "shared feeling of art" is more valuable than any luxurious home theater. It is truly a miraculous moment when many strangers can cry and laugh at the same time in a movie theater, watching the same scene.


You get to share your emotions with others."


I believe that this is the way for us to "not live lonely" and the purest and most luxurious way to enjoy art.


Article: Composer / Tomoaki Yamaya

https://www.emotional-partners.com

https://lit.link/soundjewel



FACE、企業ブランディング、ブランディング、ポートレート、音楽、言葉
Music、Words、Photo、in collaboration、FACE