”語り過ぎないことで伝わるもの”



語り過ぎないことで伝わるもの。

情報過多の時代に、最小限で伝わることこそ、大切にしたい。

そんなことを思いながら作品を作っています。

例えば、優しさや喜び、その人のあたたかさのようなものは、

「大事に思う」「嬉しい」という言葉を発するより

1枚の写真から感じとれるものの方が大きい気がします。

また、感じたものを、もう少し心の深いところへ誘ってくれるのが

主張しすぎない音楽のような気がします。

我ここにあり、という音楽より、

心地よく耳に残る音楽を。

ミニマムを意識した

「写真」と「言葉」と「音楽」で

マキシムな表現ができればと願いつつ。

本年も宜しくお願い致します。 文章:稲垣 麻由美 写真:MAL

© Face 2019