top of page

50代で初めてのピアス

50代半ばを過ぎて、初めてのピアスをあけてみました。

そこで私がまず感じたことは

「背筋がスッと伸びる感覚」

可能な限り人として紳士的でありたいと思いました。


フォトグラファーとして、以前はファッションや芸能というわりかし華やかなところで仕事をしていたこともあり、何故今初めてのピアスなのかと聞かれることもありますが、その理由のひとつとしては約10年前、40代前半で人生の断捨離をしたことにあります。


仕事、人間関係、持ち物、風貌に至るまで削ぎ落とせるもの全てを削ぎ落とし、数年間は修行僧の様に生きていました。


19歳の頃から当時まで続けていた長髪を刈り込んだ坊主頭のスタイルも今では10年を経過し、修行僧的人生の甲斐もあって、幼少の頃から抱えていた問題も中年期の危機(ミッドライフ・クライシス)も超克済み。


自身の生き方においても筋の通ったコンセプトが立ったと感じられるようになったこともあり、ファッション的な部分でも再び楽しもうとしている過程で選択した表現のひとつがピアスでした。


50代半ばを過ぎてからのファースト・ピアスもなかなか良いものです。

年齢や経験を重ねたおかげで、多くの人にとって珍しいものでもないピアスというひとつの表現であっても、単なるファッションやお洒落を超えた「生き方そのもの」という感覚が、私にはあります。


人に与えられた時間は有限であり、その終わりはいつ来るのかはわからない。

だから日々のほんの小さなことであっても、自分の存在、自分の人生そのものを生き切ろうと思います。


記事 : Photographer MAL / 丸本祐佐



【First piercing in my 50s】


I am in my mid-50s and had my first piercing.

The first thing I felt was

"a feeling of a straightened spine."

I wanted to be as gentlemanly as humanly possible.


As a photographer, I used to work in rather glamorous fields such as fashion and entertainment, and I am sometimes asked why I am getting my first piercing now.


I cut down everything I could, from work, relationships, possessions, and even my appearance, and lived like a monk for several years.


The shaved head style with long hair that I had been following since I was 19 years old has now been in place for 10 years, and thanks to my monk-like life, I have already overcome the problems I had since childhood and the mid-life crisis I was facing.


I have come to feel that I have a reasonable concept of how to live my life, and one of the expressions I have chosen to express myself in the process of trying to enjoy the fashion part of my life again is earrings.


First piercings after passing one's mid-50s are also quite good.

Thanks to my age and experience, I have a sense that piercing, an expression that is not unusual for many people, is more than just fashion or stylishness; it is "a way of life itself.


The time given to people is finite, and we do not know when it will end.

Therefore, I try to live out my existence and my life itself, even if it is just a small part of my daily life.


Article: Photographer MAL / YUSUKE Marumoto




MAL、Kyoto、Snap、Japan、Life、
Snap/Kyoto©︎MAL.depuis1990

コメント


bottom of page