top of page

AIとFACE

AIがいとも簡単に名文を生み出すようになった時代に、これから価値を生むのは、「削る」という作業ではないかと思っています。

饒舌に語るのは難しいことではなくなりました。

 

いかに、端的にいい表せるか。しかも、余韻を持たせる言葉で。

そういう面は、AIが苦手なことだと感じています。

余韻や余白にこそ、人間の脳が反応すると信じたい。

 

ちなみにこのFACEのような動画の作り方は、それこそAIが最も得意とするものだと思います。世界中に溢れる写真の中から人気のものをセレクトして並べ、それにあう音楽を添えるなんて一瞬でできてしまいます。

 

しかし、丸本の写真の連続でなければ生まれない世界があり、依頼主の思いを汲み取るからこそ生まれる山谷の音楽があり、本音と建前を嗅ぎ分け、察するからこそ紡げる言葉がある。

この掛けせで、似て非なるものを生み続けたいと思います。


記事: コピー・ライティング / 稲垣 麻由美



AI and FACE


In an age when AI has come to produce great writing with ease, I believe that what will create value in the future will be the process of "cutting down".

It is no longer difficult to speak eloquently.


It is a question of how to express yourself simply and concisely. And how to use words that have a lingering effect.

I feel that this is something AI is not good at.

I would like to believe that the human brain responds to lingering phrases and blank spaces.


Incidentally, I believe that the way of making videos like this FACE is what AI is best at. It is possible to select popular photos from all over the world, arrange them, and add music to go with them in an instant.


However, there is a world that can only be created by a series of Marumoto's photographs, music by Yamaya that is created by capturing the client's thoughts, and words that can only be spun by sniffing out and sensing the true and the false.

I would like to continue to create something similar and different by combining these two.


Articles: Copywriting / Mayumi Inagaki


ブランディング、コラボレーション
ポートフォリオ・シネマ FACE

bottom of page