憂いあるものこそ、美しい

憂いあるものこそ、美しい。

へこんだもの、 削られたところ、 負ってしまった傷、 そんなものからしか 薫り立たないものがある。 ときにそれは、強烈な色香となり だれかの心を絡め取るようにして 離さなくなる。

歳を重ねるごとに くたびれ、みすぼらしくなるか、 色香を増すか。

その違いは、 きっと、自分の人生を引き受ける覚悟の差。

どんな境遇も他人のせいにしない、 と、ただ決めること。


記事: コピー・ライティング / 稲垣 麻由美

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com

【What is melancholy is beautiful】

It is what is melancholy that is beautiful.

There is something that can only be smelled from something that has been dented, scraped off, or damaged. Sometimes it becomes a strong fragrance, and it entangles someone's heart and does not let go.

As we grow older, we may become tired and shabby, or we may become more colorful.

The difference is probably the determination to take charge of one's own life.

The only thing you have to do is to decide not to blame others for your circumstances.


Article : Copy writing / Mayumi Inagaki

https://inagakimayumi.net/

https://www.ichirindou.com/

https://www.emotional-partners.com



人の顔が企業の顔になる、企業ブランディング、ポートフォリオシネマ・FACE
人の顔と想いを綴る言葉、そして情緒を深める音楽を添えて... あなたの企業をブランディング